<2017/10/19>
「メディカAR」アプリが、以下の新機能を追加してリニューアルされました。
(1)アプリ起動後にメニュー画面なしでマーカーをスキャンできるようになりました。
(2)閲覧履歴を最大5件まで保持できるようになりました。
今回のバージョンより、UnityVuforia
(米PTC製ARエンジン)を新プラットフォームとしています。

<2014/04/03>
メディカ出版様のAR(拡張現実)アプリ「メディカAR」の開発プロジェクトに、当社は制作協力会社として参画させていただきました。
このアプリは、メディカ出版様の発行される看護学生様向けの教科書「ナーシング・グラフィカ」内の指定の図表をARマーカーとして認識させ、動画やアニメーションコンテンツを表示させるものです。
当社はARプラットフォーム※のカスタマイズを含む、アプリ全般のプログラム開発を担当させていただきました。

→メディカ出版様 「メディカAR」アプリ 特設ページはこちら

メディカAR

●iPhone/iPad版
カテゴリー: 写真/ビデオ
リリース日:2017年10月19日
バージョン:4.0.2
サイズ:103 MB
無料


●Android版
カテゴリー: 写真/ビデオ
リリース日:2017年10月19日
バージョン:4.0
サイズ:142MB
無料


「メディカAR」はメディカ出版が制作したアプリです。下記のコンテンツに対応しています。
○ナーシング・グラフィカ
○腕の血管AR
○ひとりぼっちのオルガン
○専門誌

○ナーシング・グラフィカ
看護学生向け教科書『ナーシング・グラフィカ』シリーズに対応。カメラを紙面の指定のマーカーにかざすと、
◎関連する映像が表示される!
◎臓器が画面上で回転し、指でストップや逆回転ができる!
◎教科書の図がアニメーションで動き出す!
などのコンテンツをご覧いただくことができます。

○腕の血管AR
左腕の血管(動脈・静脈)や神経の大まかな位置を確認できます。自分の左腕に重ねあわせて、血管の走行を覚えることができます。

○ひとりぼっちのオルガン
書籍『ひとりぼっちのオルガン』の紙面をマーカーとしました。美しい讃美歌(東京21合唱団)・オルガン演奏(飯 靖子)の音色を聴くことができます。

○専門誌
専門誌『ブレインナーシング』『脳神経外科速報』に対応。詳しくは、『ブレインナーシング』2015年4月号、『脳神経外科速報』2015年6月号をご確認ください。

◆iOS8.0~11.0の機種が対象です。

◆使い方
「メディカAR」アプリを起動。スキャン画面になったら端末をマーカーにかざしてください。

*端末をかざすと、ピントが自動的に合います。ピントが合わない場合は、画面をタップして合わせてください。
*認識されない場合は、マーカーに近づけたり遠ざけたりして調整してください。
*蛍光灯などの光の反射やゆがみ、折れなどがある場合は認識されない場合があります。

【注意事項】
・インターネット回線に接続した状態でご利用ください。
・ARコンテンツの視聴は無料ですが、通信料金はご利用される方のご負担となります。パケット定額サービスにご加入でない方は、高額になる可能性がありますのでご注意ください。
・アプリのダウンロードに際して、万一お客様に損害が生じたとしても、当社は何ら責任を負うものではありません。 ・コンテンツ等を予告なく変更・削除することがあります。
・通信状況や機種、iOSのバージョンなどによっては正常に作動しない場合があります。